About Homepage

- ホームページの基礎知識 -

kiso1画像
kiso2画像

●HTMLとCSSで構成されている

HTMLは、WEBページを構成するための言語(コード)です。マウスを右クリックしてページのソースを見てみましょう。英語の暗号みたいな文字列がたくさん出てきたと思います、それがHTMLの言語です。

CSSは、各部のデザインを指定する言語です。コンテンツの縦幅や横幅、表示の位置、背景やテキストの色など。HTMLと組み合わせて使用します。

パズルに例えると、HTMLはパズルのピース、CSSはピースの色や形、配置場所を指定するようなものです。

これらをサーバーにアップロードすることでネット上に公開され、サイトが見られるようになります。私達が普段見ているWEBサイトは表を見ているといった感じで、裏は膨大な量の文字列でできているのです。

●ホームページやWEBサイト、呼び方の違い

ホームページ=WEBサイトの一番最初に表示されるトップページのこと。
WEBページ=個々のページのこと。
WEBサイト=WEBページ全体のこと。

●ドメイン、サーバーって?

ドメイン=WEBサイトのアドレス(URL)のこと。
サーバー=データを置いておく保管庫みたいなもの。コードを記述したHTMLファイルやCSSファイル、サイトに表示する画像などをアップロードして保存しておきます。

●独自ドメインと共有ドメインの違い

独自ドメイン=自分だけが住める一軒家。
共有ドメイン=他人も住んでるアパート。

●独自と共有ではアドレス(URL)も違ってくる

独自ドメインの場合は、http://○○○.com(.comの他にも.netや.jpなど)といったように、自分で決めた文字のあとに.comなどが付きます。
共有ドメインの場合は、例えばFC2なら「http://○○○.fc2.com」というように、URLの中に「.fc2」が入ります。
fc2アパートの○○○さんち。みたいなものだと思ってください。

●独自ドメインのメリットとデメリット

メリット
  • SEO的に有利。自分だけのコンテンツ(内容)なので検索上位にヒットしやすい。
  • レンタルサーバーの移管(お引越し)ができ、例えばA社レンタルサーバーからB社レンタルサーバーに乗り換えてURLは変わらず、そのまま使い続けることができる。
  • アドレスが短くなり、覚えやすい。
  • 他人のサイトによる検索エンジンのペナルティは影響しない。
  • 専用のメールアドレスが持てる。(info@○○○.comなど)
  • 独自ドメインだぞ!とちょっと自慢できる。

デメリット
  • 有料。年間コストがかかる。

●共有ドメインのメリットとデメリット

メリット
  • 無料。自分で取得しなくてもレンタルサーバーに登録した時点で共有ドメインがもらえるところがほとんど。

デメリット
  • SEO的に不利。検索エンジンで上位になりにくい。他の人のコンテンツ(内容)と混同して判断される。自分は雑貨を販売してるのに他の人は野菜やアクセサリーを販売しているものだから、「雑貨の販売」と検索してもヒットしにくい。
  • 他人のサイトが検索エンジンからペナルティを受けていたら、自分のサイトの評価まで落ちて検索順位が下がってしまう。
    ペナルティについて
  • 逆も同じで、自分のサイトがペナルティを受けたら他の人も巻き添え。
  • レンタルサーバーを乗り換えるとサイトのアドレス(URL)の変更を余儀なくされ、またゼロからのスタートとなる。

●レンタルサーバー・有料と無料の違い

有料レンタルサーバー
  • 広告が入らない
  • 容量が大きい
  • 表示速度早く、安定している
  • 商用利用ができる
  • CGIやPHPが使える
  • 独自ドメインが使える
  • サポートが充実している

無料レンタルサーバー
  • 広告が表示される
  • 容量が少ない
  • 表示スピードが遅い
  • CGIやPHP使がえないところもある
  • 独自ドメインが使えないところがほとんど(忍者ホームページは独自ドメイン使用可)
  • 商用利用ができないところが多い
  • 突然サービスの終了もあり得る
  • 長い間放置していると削除される可能性がある